2021年10月12日火曜日

第9回 国連・人権勧告の実現を!集会 「なぜこんなに冷酷なことができるのか?外国人の人権からみた日本」

国連・人権勧告の実現を!

~なぜこんなに冷酷なことができるのか? 外国人の人権からみた日本~




 2021年3月6日、スリランカ出身のウィシュマ・サンダマリさんが名古屋入管の収容施設で亡くなりました。ウィシュマさんがDV被害や体調悪化を訴えていたにもかかわらず、適切な救済措置を講じず収容施設に閉じ込め続け、結果的にウィシュマさんの命を奪ったあげく、現在も監視カメラ映像の全面開示を拒んでいる入管行政。外国人を単なる使い捨ての労働力とみなし、人間として尊重しないその姿勢は、日本が他国を植民地支配し、侵略戦争を行っていた時代と地続きのものといえます。

 こうした入管体制問題の根本はどこにあり、国際人権基準といかにかけ離れているのか。コロナ禍の中でさらに露呈した、国際人権基準に背いて外国人の人権を侵害し続ける日本政府の問題を、世界人権デー(12/10)を記念して考えたいと思います。

 ぜひ奮ってご参加ください。


● 日時 2021年12月10日(金)

      13:30 開場

      14:00 集会スタート


● プログラム

1.主催者挨拶


2.基調講演 指宿昭一さん(弁護士)

 ~なぜこんなに冷酷なことができるのか?~

 ―使い捨て外国人 人権なき移民国家 日本―


3.課題別報告

 ① 鈴木雅子さん(弁護士)

  「国際人権基準からみた入管法改悪問題(仮)」           

 

 ② パク・キム・ウギさん(在日本朝鮮人人権協会)

  「国際人権基準からみた朝鮮学校差別問題」

  

● 会場 参議院議員会館講堂(予定)



● 主催 国連・人権勧告の実現を!実行委員会

・問い合わせ 090-9804-4196(長谷川)

・メール jinkenkankokujitsugen@gmail.com

・ブログ https://jinkenkankokujitsugen.blogspot.com

・Facebook https://www.facebook.com/kokurenjinkenkankoku/